Dollfie Dream

取り付け・取り外しの際のご注意

ボディ取り扱い講座~太もも・すねパーツ編~ 【動画で確認】

「上下腕パーツ」「太ももパーツ」の取り外し

① 画像のように、上下腕パーツ、太ももパーツを持ってください。
② 矢印の方向へ垂直に引き抜いてください。

↑ Page Top

「上下腕パーツ」「太ももパーツ」の取り付け

パーツの軸と、本体フレームの差し込み口を合わせて取り付けてください。

※左右の太ももは軸パーツにより繋がっています。

↑ Page Top

股関節について

■DDIF(DDⅢ)とDD-f3の比較

比較画像:(左)正面 (右)側面

比較画像:(左)下半身フレーム (右)太ももフレーム

DD-f3フレームは耐久性の向上のため、股関節のフレームが従来の「丸型」ではなく「半月型」に変更されています。 形を合わせさえすれば、しっかりと嵌め込めます。強い力は必要ありません。

【 正しい例 】

太ももフレームの凸部の角度が垂直です。
※青の破線は凹んでいる箇所を表しています。

① 本体側の向きを確認します。
本体側のフレーム(赤枠)に太もも側の凸部(赤枠)を差し込みます。
② 軸パーツを差し込みます。

③ 太ももパーツを差し込みます。
しっかり嵌め込むことで、ご覧の様にしっかり足を上げた状態を維持できます。

【 間違った例 】

太ももフレームの凸部の角度が垂直ではなく曲がっています。

このまま嵌め込んだ場合、手を離すと直ぐに足が下がってしまいます。
一見はまっている様に見えますが、ソフビパーツが干渉し、はまっている様に見えているだけの状態です。

この時、ソフビパーツの中はこのような状態です。
双方の形状が合っていない為フレームが刺さりきっていません。

【 この場合の嵌め込み方のポイント 】

① 下半身パーツからいったんフレームを取り出します。
フレームの取り外し方はこちらをご確認ください。簡単に取り出す事が可能です。
② フレームを太ももパーツに嵌め込みます。
③ 凸部の角度を調節します。

④ 凸部(赤枠)が垂直になったことを確認します。

あとは通常の手順で股関節を組み立てます。

※「股関節について」の画像はすべてDDサイズとなります。

↑ Page Top

増し締めによる保持力の調整

DD-f³の関節はネジを更に締め込むことによって、理想的な可動パフォーマンスを長時間維持できます。

  • ※ネジ締めはゆっくりと少しずつ行ってください。急に締めすぎると、フレーム破損の原因となる事がございます。
  • ※取り外しにくい場合は、ドライヤーで温めると取り外しやすくなります。

ボディ取り扱い講座~DD-f³のネジ増し締め編~ 【動画で確認】

首 第一関節の調整

① 両腕を取り外します。

② ヘッドを取り外します。
※首のジョイントが湾曲しているので、頸部を手で押さえながら行ってください。
③ 上半身パーツをフレームから引き抜きます。
④ お好みの可動パフォーマンスになるようネジを調整します。

↑ Page Top

首 第二関節の調整

① 両腕を取り外します。

② ヘッドを取り外します。
※首のジョイントが湾曲しているので、頸部を手で押さえながら行ってください。
③ 上半身パーツをフレームから引き抜きます。
※内部のフレームが外れないように、しっかりと押さえながら引き抜いてください。

④ 肩関節のネジを外して肩フレームを取り外します。
⑤ お好みの可動パフォーマンスになるようネジを調整します。

↑ Page Top

肩 第一関節の調整

① 両腕を取り外します。

② ヘッドを取り外します。
※首のジョイントが湾曲しているので、頸部を手で押さえながら行ってください。

③ 上半身パーツをフレームから引き抜きます。
④ お好みの可動パフォーマンスになるようネジを調整します。

↑ Page Top

肩 第二関節の調整

① 両腕を取り外します。

② 下腕パーツを引き抜きます。
③ 上腕パーツのフレームを押し出します。
④ お好みの可動パフォーマンスになるようネジを調整します。

↑ Page Top

上腕接合部の調整

① 両腕を取り外します。

② 下腕パーツを引き抜きます。
③ 上腕パーツのフレームを押し出します。
④ お好みの保持力になるようネジを調整します。

↑ Page Top

肘関節の調整

① 両腕を取り外します。

② 上腕を押さえ前腕部を引き抜きます。
③ お好みの可動パフォーマンスになるようネジを調整します。

↑ Page Top

前腕接合部の調整

① 両腕を取り外します。

② 上腕を押さえ前腕部を引き抜きます。
③ ハンドパーツを取り外します。
④ フレームを引き抜きます。
⑤ お好みの保持力になるようネジを調整します。

↑ Page Top

胴体 第一関節の調整

① 両腕を取り外します。

② ヘッドを取り外します。
※首のジョイントが湾曲しているので、頸部を手で押さえながら行ってください。
③ 上半身パーツをフレームから引き抜きます。
④ お好みの可動パフォーマンスになるようネジを調整します。

↑ Page Top

胴体接合部の調整

① 下半身パーツを押さえながら、フレームごと上半身パーツを引き抜きます。

② 両太ももパーツを取り外します。
③ 下半身パーツからフレームを引き抜きます。
④ お好みの保持力になるようネジを調整します。

胴体 第二関節の調整

① 下半身パーツを押さえながら、フレームごと上半身パーツを引き抜きます。

② 両太ももパーツを取り外します。
③ 下半身パーツからフレームを引き抜きます。
④ お好みの可動パフォーマンスになるようネジを調整します。

↑ Page Top

胴体 第三関節の調整

① 下半身パーツを押さえながら、フレームごと上半身パーツを引き抜きます。

② 両太ももパーツを取り外します。
③ 下半身パーツからフレームを引き抜きます。
④ お好みの可動パフォーマンスになるようネジを調整します。

↑ Page Top

股関節の調整

① 太ももパーツを取り外します。

② すねパーツをフレームごと取り外します。

③ 太ももパーツからフレームだけ抜き取ります。
④ お好みの可動パフォーマンスになるようネジを調整します。

↑ Page Top

太もも接合部の調整

① 太ももパーツを取り外します。

② すねパーツを取り外します。
③ お好みの保持力になるようネジを調整します。

↑ Page Top

膝関節の調整

① 太ももパーツを取り外します。

② すねパーツをフレームごと取り外します。

③ 足首パーツを取り外します。
④ すねパーツの外皮パーツだけを取り外します。
⑤ お好みの可動パフォーマンスになるようネジを調整します。

↑ Page Top

足首接合部の調整

① 足首パーツを取り外します。
② お好みの保持力になるようネジを調整します。

↑ Page Top

足首関節の調整

① 足首パーツを取り外します。
② 外皮パーツを外します。
③ お好みの可動パフォーマンスになるようネジを調整します。

  • ※ネジ締めはゆっくりと少しずつ行ってください。急に締めすぎると、フレーム破損の原因となる事がございます。
  • ※取り外しにくい場合は、ドライヤーで温めると取り外しやすくなります。

ドルフィードリーム専用サポート


Page Top

Page Top